川北英隆のブログ

人生100年時代の海外投資-2

海外投資を推奨したが、「海外であればどの国でもいい」とはいかない。ちゃんとした国を選ぶ必要がある。では、どの国がいいのか。・・・

続きを読む

2019/03/20

ユニクロ今昔物語

10年以上、ユニクロを愛用している。しかも貧乏性だから(正確には貧乏だからか)、昔のユニクロも相当数を捨てずに持っている。さすがに昔の靴下はないが、初期のダウンジャケットやカッターシャツが(ただし、あまり着ていないのが)ある。・・・

続きを読む

2019/03/19

キャッシュレス時代とソニー

日本政府がキャッシュレスに熱心な理由がわからないものの(裏で何か利害関係があるのではと思いつつ)、キャッシュレスに関して、日本は世界に先駆けるチャンスを逃したと思っている。今の日本企業が小者化した証拠でもある。・・・

続きを読む

2019/03/19

人生100年時代の海外投資

いつも不思議に思うのが、海外投資に対する日本の投資家のスタンスである。「こいつら完全なサラリーマンしてるな」と評価している。何かと言うと、すぐに内に閉じこもる性格である。新聞も、その性格を褒めないものの、けなしもしない。・・・

続きを読む

2019/03/18

人間ドックあれこれ

毎年の恒例、ドックに行った。非常勤の悲哀と言うべきか、国立大学の常勤教員を退職した後は国家公務員共済から見放される。「ポイ捨て」はさすがに気が引けるのだろう、退職後2年間は延長が認められるが、それ以降は縁切りとなる。だから定期健診もない。・・・

続きを読む

2019/03/18

目立つ政策間の不整合

何日か前、ゼロ金利政策への疑問として、中央銀行の超緩和金融政策がダメ企業の延命を助けるため、製品やサービスの供給が絞られず、かえって物価の低迷をもたらすのではとの仮説が日経新聞で紹介されていた。中央銀行が目標とするインフレ政策と整合的でない。・・・

続きを読む

2019/03/17

丹沢三峰山-2

2/23に続き、丹沢三峰山の写真に挑戦した。カメラはスマホである。本当は一眼レフがいいのだろうが、富士山でもない方向に向けて突如、大きなレンズを構えたら、車内の警備員に咎められるかも。・・・

続きを読む

2019/03/16

農林中金の投資子会社

正式名、農林中金バリューインベストメンツ、日本語表記の名前が長い。だから、ブログの表題の1行、14文字に入り切らない。この会社の実質的な創設者、奥野一成氏の記事が13日の日経新聞に掲載されていた。「駆ける投資家魂」という特集である。・・・

続きを読む

2019/03/15

秘密の祇園

秘密というほどのことではないが、立て続けに祇園で飲む機会があった。先週は東京からの来客と一緒にお茶屋さんが経営するバーで飲んだ。今週もほぼ同じ場所で飲んだ。・・・

続きを読む

2019/03/14

スプリングバレーブルワリー

この長い名前の店、1年少し前にできたと記憶している。大きな商家を改装し、ビールを売りに営業している。気になっていた店だったのだが、当初は混んでいた。入る機会がなかった。最近になり空いてきた感が出てきたので、予約してみた。あっさりと席が取れた。・・・

続きを読む

2019/03/14


最近の記事

バックナンバー

トップへ戻る