川北英隆のブログ

満月の明け方

11/30は満月だった。翌日、夜明け前に起きると、その月が愛宕山方向に沈もうとしていた。初冬、日が一番短い頃に突入したから、夜明け前の月は明るい。・・・

続きを読む

2020/12/02

日本の政治家も大衆迎合に

誰もがそう思っているだろうから書いていないが、トランプは情けない。論理矛盾的な政治を行い、最後は明らかに選挙で負けたのに、潔く退かないのには涙がちょちょ切れる。地位に安住したいのか。この点で、日本の政治家もトランプを笑っていられない。・・・

続きを読む

2020/12/01

コロナ以降の大病院の実態

コロナが病院を襲っている。コロナの感染者数が増えてからというもの、僕は病院に行ったことがないのだが、カミさんによると、一時はかなり外来患者数が減っていたらしい。これに関し、病院に関するもう少し確かな情報が得られた。某大学病院の状況である。・・・

続きを読む

2020/11/30

老人を雇用することの過ち

日経新聞「私の履歴書」に今月登場している小宮山宏氏(元東大総長)が書くには、彼の最近の関心事項と仕事は「プラチナ社会の実現」だそうだ。要するに「老人が一生を通じて成長し、働く」社会の実現であるらしい。これに対していくつかの疑問がある。・・・

続きを読む

2020/11/29

青貝山へ

天台山の西側のピークから南西に下る。道が複数あるが、赤いテープが目印になる。最初は尾根の東側に道が付けられている。そのうち尾根上になり、急な下りになる。急な箇所では道はジグザクになる。そのショートカットもある。適当に510メートルの鞍部まで下る。・・・

続きを読む

2020/11/28

光明山から天台山へ

妙見山の三角点からの東尾根の下り、最初は不確かだが、すぐに参道に出る。「妙見山と南へ3山を歩く」でアップした鳥居がその参道にある。少し急な下りを経て車道に出る。池田方面から国道423号線で北に上り、妙見山の東側、野間口からこの車道に入れる。・・・

続きを読む

2020/11/28

妙見山へ

京都から阪急宝塚線の川西能勢口駅を経て能勢電鉄への乗り換えまで、10月の剣尾山と同じ電車を使った。楽なコースなので少し後でもいいのだが、前回の記憶、「空いていて心配がなかった」が大きく影響した。もう少し書くと、5時少し過ぎの阪急京都線に乗った。・・・

続きを読む

2020/11/27

妙見山と南へ3山を歩く

能勢(のせ)の妙見(みょうけん)山は大阪で有名である。阪急宝塚線の川西能勢口駅から能勢電鉄に乗り換え、終点の妙見口駅で降りる。そこからバス、ケーブルカー、ロープウエイと乗り継ぐと、頂上の能勢妙見堂(妙見宮)の下まで運んでくれる。・・・

続きを読む

2020/11/27

京都の秋とコロナ波が一段落

「そんなん、コロナを撹拌し、全国に撒き散らしたらあかんやろ」。スガさんかカンさんか知らんけど(今日の日経の1面左下コラムのパクリ)、お偉いさんがいくら「コロナとGoToキャンペーンとの関連性」を否定しても、たんなる「個人の見解」でしかない。・・・

続きを読む

2020/11/25

コロナを経た教育制度とは

コロナの感染拡大を経て、日本の初等、中等教育制度の欠陥が明らかになった。生徒が教室に集まり、一律の教科書と、能力格差のある教員の説明に任せ、その後はほったらかしというのが日本の授業である。この古い授業の形態、発展の可能性がある。・・・

続きを読む

2020/11/25


最近の記事

バックナンバー

トップへ戻る