川北英隆のブログ

株価上昇は経済成長とともに

何回も書いてきた株式の長期投資のメリットについて、大学での講義用に資料を作った。アップしておく。企業業績と株価の関係を示すグラフである。・・・

続きを読む

2021/12/06

将門の首塚の今

先日、東京に出掛ける機会があり、ふと思い出したので「将門の首塚」がどうなったのかを確認した。三井物産が本社ビルを立て直したため、その一角にあった将門の首塚も、その周囲が一変したはずだから。・・・

続きを読む

2021/12/05

ゆうちょ銀行はミスター遅れ

株式配当の季節である。3月末決算の企業の場合、今、9月末中間期の配当金支払いが最盛期を迎えている。その配当金を郵便貯金(正確には、ゆうちょ銀行の貯金らしい)に預けに行くと、「取引目的等の確認」をしろと言われた。・・・

続きを読む

2021/12/05

和束と茶畑と植物

その昔、和束に入ったことがある。社会人になり、父親の車で鷲峰山に登ったときである。記録を調べると1981年12月、つまり40年前だった。・・・

続きを読む

2021/12/04

和束の天満宮

茶畑を見ながら和束に下りた。門前村の下を北に歩き、和束川を渡り、府道に出た。そこに原山のバス停があり、1時間に1本の加茂行きに悠々間に合って乗れるはずだった。バス停のベンチもあったのだが。・・・

続きを読む

2021/12/04

三ヶ岳の往復と下山

大河原から山城谷川に沿って高度を上げてきた車道は谷の源流部分で北に向きを変え、峠を越えて童仙房地区に入る。童仙房はちょっとした高原である。茶畑がある。六番を過ぎた付近に「開拓」の文字が見える。とはいえ時が流れ、開拓が廃屋になっている。・・・

続きを読む

2021/12/04

山城の三ヶ岳を歩く

今週は三ヶ岳をいつものM君と一緒に歩いた。三ヶ岳ってどこにあるのか。関西本線笠置駅の北北東、直線距離で5キロ程度に位置している。お茶(宇治茶)を主要産業にしている和束町の東を区切る山である。・・・

続きを読む

2021/12/03

京都市内からの小塩山

今回、小塩山に登ったことによって、京都市内から小塩山が大きく見えていることに気がついた。市内から見た小塩山をアップしておく。・・・

続きを読む

2021/11/30

竜ヶ尾山を越える

黒柄岳から車道に下り、小泉の村に向かう。山奥にしては工場の目立つ道である。小泉の中心部まで下ると、北に細めの車道が分岐している。それをたどって竜ヶ尾山に向かう。・・・

続きを読む

2021/11/30

黒柄岳を越える

明神ヶ岳から下り終え、田能集落の上部の車道に出た。向かいに西から伸びる車道が交差している。この車道は黒柄岳の山頂直下まで通じているので、それを歩く予定にしていた。田能の村中まで下りて黒柄岳に登り返してもいいのだが、車道のほうが近道だ。・・・

続きを読む

2021/11/30


最近の記事

バックナンバー

トップへ戻る